ザ・スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ(SMWS)は、1983年にエディンバラの古い港町リースで設立されました。その始まりは、ピップ・ヒルズが数人の仲間とシンジケートを組みスペイサイドの蒸留所(No.1)から樽を購入し、分け合った事でした。SMWS設立の趣旨は、世界で最も素晴らしいスピリッツであるウィスキーを愛し、分かち合い、認識を深め、味わい、そして楽しむ事にあります。この趣旨に賛同する人々をSMWSは、いつでも受け入れています。エディンバラ本部は、14世紀に建てられたワイン倉庫を改築したザ・ボルツという建物内にあり、会員専用のラウンジ、テイスティングルーム、4タイプのフラット(宿泊施設)を備えています。 初期のSMWSは、モルト・ウィスキー愛好家の小さな集まりに過ぎませんでしたが、 モルト・ウィスキーへの評価が高まるにつれ、世界中から入会希望者が集まってきました。日本でも愛好家が増えてきた事から、日本支部誕生への気運が高まり、1993年に日本支部が誕生しました。現在、アメリカ、スイス、オランダ、イタリア等、世界14ヶ国に支部があり、会員数は全世界で3万人を超える規模となっています。
006J Teimei Horiuchi
[The Vaults] Austria Austria Australia Australia Germany Benelux Benelux France France Italy Italy Japan Japan Sweden Sweden Switzerland Switzerland USA USA
Society Party >> 過去13回のSMWS日本支部主催 「テイスティング会」  
COPYRIGHT©2004 Pub Mahorobi. All rights reserved.