物を原料とし、発酵させて蒸留したうえ樽で熟成させたものです。主なウィスキーとしてアイリッシュ、スコッチ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズの世界五大ウィスキーがあります。



ギリスのスコットランド地方で産出するウィスキーで、個性の強いシングル・モルト・ウィスキー、マイルドで癖の無いグレーン・ウィスキー、両者をブレンドして造られるブレンデッド・ウィスキーがあります。ブレンデッドをオーケストラに例えればモルト・ウィスキーは各々の楽器と言えます。



麦麦芽(モルト)を原料とし単式蒸留器で蒸留し、オークの樽で三年以上熟成させたものをモルト・ウィスキーと言い、ひとつの蒸留所で造られたモルト・ウィスキーだけを瓶詰めしたものをシングルモルトと言います。生産地域は、ハイランド、スペイサイド、ローランド、アイラ、アイランズ、キャンベルタウンに分類されています。シングルモルトの特徴は、蒸留所の立地、風土、水質、自然環境によってさまざまな個性が生まれます。
The special feature for every area
Area       Note       
Highlands 一般的にピートの香りが爽快で、花やかで芳しい香り、デリケートでマイルドな風味、これらのバランスがとれている。地域が広く(北はプルトニー蒸留所から南はグレンゴイン蒸留所)その特徴は多岐にわたる。
Speyside ハイランドの中でも特にスイートさと芳醇な香りが豊で、エレガントで花のよう。全蒸留所の半数がこの地域に集中している。
Lowland 一般的にピート香が少なく、軽く淡泊な香りと味。
Islay 島風が強い為、ピートや水、熟成が海の影響を受ける。強いピート香、ヨード臭、オイリーで個性の強いものが多い。
Islands 島によって個性の違いがある。スカイ島やマル島は強い煙臭がありヨード臭。オークニー島はコクのあるボディーとシルクのような口当たりのハイランドパーク。ローモンドスチルによるスキャパは、オイリーな飲み口。ジュラ島やアラン島はハイランドに近い。
Campbeltown ハイランドとアイラの中間にある。香りが豊でコクがあり、塩辛い風味。男性的。
Vatted 複数の蒸留所のモルト・ウィスキーを混ぜ合わせたもの。
Blended ブレンダーにより、複数のモルト・ウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしたもの。
COPYRIGHT©2004 Pub Mahorobi. All rights reserved.